尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 中古住宅リノベーションで住宅ローン控除は受けられる?

中古住宅リノベーションで住宅ローン控除は受けられる?

カテゴリ:お役立ちコラム

新築住宅を購入すると、一般的に3000万円~4000万円ほどの費用がかかるとされており、「高い」と感じられる方も少なくないでしょう。


そこで最近人気となっているのが、あえて中古住宅を購入してリノベーションするという方法です。


中古住宅であれば当然築年数が経っているため、新築住宅よりも安い費用で購入することが可能です。


今回は、中古住宅をリノベーションした際にも住宅ローン控除を利用することが可能なのかについてご紹介していきます。




弊社へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ



中古住宅リノベーションは住宅ローン控除の対象になる?


結論から言うと、中古住宅をリノベーションする際にも住宅ローン控除を受けることは可能です。

中古住宅を手に入れた際、その状態のまま住むことも可能であることも多いですが、やはり「できるだけ綺麗にしたい」と考える方は多いと思います。


キッチン、お風呂などの水回りをはじめ、屋根や床、外壁などを補修したいと考えている方は多く、それらを行った上で住宅ローン控除も受けられるとなると非常にありがたい話ですね。



そもそも住宅ローン控除とはどういったものなかというと、住宅ローンを使って住宅を購入した際に、一定額の減税効果を受けるというものです。


当然住宅ローンを使って住宅を手に入れる方が多いので、この控除を受けられる方は非常に多いとされているのです。


新築住宅の控除の場合は、借入対対象限度額が4000万円で、年間で受けられる控除額は1%の4万円となっています。


一方、中古住宅の控除の場合は、借入対象限度額が2000万円で、年間で受けられる控除額は1%の200万円となっていますので、両者の違いはこちらにあると言えます。




中古住宅で住宅ローン控除を受ける際の注意点


中古住宅のリノベーション時にも住宅ローン控除を受けることは可能であることが分かりましたが、「どんな場合でも受けられる」というわけではありません。


住宅ローン控除を受ける際にはどのような注意点があるのか見ていきましょう。

どんな工事でも住宅ローン控除の対象となるわけではなく、以下の工事を行う場合のみに限られているので注意が必要です。


・大規模な修繕や模様替え

・耐震改修工事

・一定のバリアフリー工事や省エネ改修工事


こういった工事に関しては住宅ローン控除の対象となります。

また、工事内容だけではなく、要件も細かく定められているので以下に当てはまっているか確認してみてください。


・工事完了から6ヶ月以内に自宅に移住する

・工事費用が100万円超

・工事の床面積が50㎡超え

・住宅ローンの返済期間が10年以上

・所得金額が3000万円以下


これらに当てはまっている場合のみ住宅ローン控除を受けることが可能とされています。


もし現在中古住宅のリノベーションを考えている方で、上記の条件に当てはまっていない場合は、住宅ローンの控除を受けるためにも、工事内容を再考した方が良いかもしれませんね。



まとめ


リノベーションにより住宅ローン控除を受ける際には、工事内容や要件が自身の工事に当てはまっているか確認する必要があります。


もし当てはまっている場合は、確定申告を行うことを条件に控除を受けることが可能です。




私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



“お問い合わせ
≪ 前へ|不動産を査定してもらいたい!何をもって価格が決まるの?   記事一覧   不動産を買取してもらったら、課税対象になるのか?|次へ ≫

最新記事



トップへ戻る