尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 買取時に役立つ不動産買取保証制度とは!?メリット・デメリットを解説!

買取時に役立つ不動産買取保証制度とは!?メリット・デメリットを解説!

カテゴリ:お役立ちコラム

所持している不動産を買取ってもらおうと検討している方は、買取保証制度をご存知でしょうか。

 

買取保証制とは、仲介で一定期間売れなかった不動産を、あらかじめ決めていた額で不動産会社が購入する制度です。

 

こちらの制度のメリット、デメリットについてご紹介します。


不動産買取を検討している方は、ぜひ本記事をご参考にしてみてください。


買取保証制度のメリットとは


保証


まずは、買取保証制度のメリットを紹介していきましょう。大きく分けて2つのメリットがあります。

 

<相場に近い値段で売却できる>

 

買取してもらいたい不動産や買取しようとしている不動産を、買取保証制度を利用する相場に近い値段で売流ことが可能です。

 

仲介会社によって値段は多少異なりますが、その地域の相場に限りなく近い値段で買取を行うことができるので、堅実な不動産売買が可能です。

 

<売れ残る可能性がない>

 

不動産の買取で懸念すべき点は、売れ残る可能性と考える方もいるのではないでしょうか。

 

買取保証制度を利用すると、仮に売れ残ってしまった不動産はあらかじめ決めていた価格で売却することができるので売れ残ってしまうことがありません。

 

不動産売却を確実に行いたい人にとって買取保証制度は都合の良い制度であると言えるでしょう。

 

買取保証制度のデメリットとは


デメリットについて紹介していきましょう。

 

<満足のいく値段で売ることができない可能性がある>

 

買取保証制度の売却額は、不動産会社が仲介している不動産の価格に限りなく近い相場で売却するということであって、相場よりも高い値段がつくことはありません。

 

不動産会社によって異なりますが、相場の価格よりも少しだけ安い価格になってしまうことも考えられるので、高く買取をしてもらいたいと考えている方には不満と感じることもあります。

 

<不動産会社を変えられない>

 

気をつけなければならないことが、買取保証制度を利用すると不動産を変えることができないというデメリットがあります。

 

買取保証制度を利用するにあたり、「専属専任媒介契約」を結ぶことになります。

 

この契約によって、他の不動産と提携して売却することが難しくなります。

 

価格に不満を感じていても、契約した不動産会社にしか売却をすることができないので、不動産会社の選び方を間違えてしまうと不利な売却をしなければならなりません。

 

そのため、利用する際は、本当に信頼に値する不動産会社であるかを見極めて売却を行うようにしましょう。

 

まとめ


不動産の買取を行う際に、買取保証制度を活用すれば堅実に不動産売却を行うことが可能です。

 

しかしその一方でデメリットもあるので、売却を行う際は慎重に検討して、売却手続きを行うようにしましょう。


尼崎市エリア周辺の不動産のことなら、私たち株式会社大阪住宅にお任せください。

 

不動産物件買取に関する疑問などございましたら、お気軽にお問合せください

≪ 前へ|不動産売却する時に知っておきたい「買取」のメリットやデメリットとは?   記事一覧   空き家は放置していると固定資産税が上がるかも!取るべき対処法は?|次へ ≫

トップへ戻る