尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 瑕疵担保責任とは?免責される場合とされない場合

瑕疵担保責任とは?免責される場合とされない場合

カテゴリ:お役立ちコラム

こんにちは。


あなたが「所有している不動産を売却したい!」となった場合、”瑕疵担保責任”という言葉を耳にすることになると思います。

 

売却と言っても、仲介や買取など様々な種類がありますが、どの場合でも瑕疵担保責任を負う必要があるのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、瑕疵担保責任とは何か、またどのような場合に免責されるのか、など瑕疵担保責任について詳しくご紹介します。

 

不動産を買取ってほしい!瑕疵担保責任はどうなるの?


瑕疵担保責任とは?

 

瑕疵担保責任とは、売却した不動産に品質や性能を欠く瑕疵が見つかった場合に、売主が責任を負う規定のことです。

 

具体的には雨漏りや耐震強度不足、シロアリ被害や騒音など、売主や買主が知らないような「隠れた瑕疵」が対象となります。

 

民法では買主が瑕疵を発見してから1年間、売主が欠陥の修復などの責任を負わなければなりません。

 

また、場合によっては損害賠償や契約解除を求められることもあります。

 

しかし瑕疵担保責任は任意規定のため、強制力はありません。


したがって、契約時に売主と買主の合意の元で、瑕疵担保特約を締結することにより一部を免責することが可能です。

 

一般的な特約では、瑕疵担保責任期間を「不動産売却後の3ヶ月」とすることが多く、3ヶ月間は売主に瑕疵担保責任が発生します。

 

最初に紹介したように、特約を定めても定めなくても、売主や買主が知らなかった「隠れた瑕疵」に対して有効なのは同じです。


例えば、売却時に「(売主が)知っていたけど伝えなかった」というケースは対象外となるので、注意が必要です。


買取では免責される?

 

不動産売却には二種類あり、1つは不動産会社に仲介してもらい買主を探す方法と、もう1つは不動産会社に直接買い取ってもらう方法があります。

 

仲介による売却の場合、双方の合意があれば瑕疵担保責任の一部を免責できますが、基本的には責任を負わなければなりません。


しかし、不動産会社に買取ってもらう場合は、原則として瑕疵担保責任は免責されます。

 

買取では買主が不動産の専門家なので、法律上、瑕疵担保責任が適用されないのです。

 

また買い取った不動産は、瑕疵などを慎重にチェックして売りに出すので、売主は安心して取引を進めることができます。

 

買主が不動産会社の場合、売却までの期間が短いので、手間や時間をかけずにスムーズな取引が実現するでしょう。

 

まとめ

 

今回は「瑕疵担保責任」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?


「瑕疵担保責任がある」というだけで、不動産売却に不安が生じると思いますが、買主が不動産会社となる買取では免責されます。


しかし、仲介、買取ともにメリット、デメリットがありますので、あなたの要望や状況に合わせて適切な方法を選んでみてくださいね。

 

私たち株式会社大阪住宅では、不動産の買取をいたしております。

 

不動産に関するご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|「売却(仲介)」と「買取」の特徴や違いを徹底解説!   記事一覧   不動産所有者が知っておきたい!瑕疵と土地工作物責任とは?|次へ ≫

トップへ戻る