尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 不動産の売却を入札でおこなうメリットとデメリット

不動産の売却を入札でおこなうメリットとデメリット

カテゴリ:お役立ちコラム

これまで個人が持つ不動産の売却の多くは、相対方式と呼ばれる一人の買主と売主の間で契約条件を話し合う方式でおこなわれています。

 

一方、企業や官公庁が不動産を売り出す際に一般的なのが、複数の買主が争う入札です。

 

個人間でも入札で売却をおこなうメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

 

不動産の売却を入札でおこなうメリットとデメリット


不動産の売却を入札でおこなうメリット


入札、すなわちオークションでの売買は、売主が決めた希望価格、もしくはそれ以上の金額で購入したい買主が価格を提示します。

 

その中で、もっとも高値をつけた人と、売買契約を結ぶ方法です。

 

従来の個人間不動産売買は、希望価格に対して買主が値下げ交渉をすることが多く、想定より安くなってしまうことがよくあります。

 

入札を用いるメリットは、より高額の取引が可能になることです。

 

ほしいという買主が複数いれば、互いに競ってより入札価格が上がる可能性があるからです。

 

企業や官公庁が不動産売却をおこなう際は、公売や競売といった入札による不動産売却を実施します。

 

なぜ公売・競売を採用するかというと、結果がオープンになる上、実際に利益が出やすいためです。

 

入札のメリットを最大限に活かしているのです。

 

また、落札期間が決まっているため、売買の期間を決めることができます。

 

短時間で、高価格で売りたいときに、むいています。

 

不動産の売却を入札でおこなうデメリット


一方、不動産の売却を入札でおこなうデメリットは、期間中に買主が少ししか集まらなくても、期限がきたらそこで終了となることです。

 

入札者が一人で希望価格そのままであっても時間がくれば売却となりますし、逆に誰も買主が付かない場合はオークションそのものが終了となります。

 

せっかく高値で売ろうとしたのに、売却期間を延ばせないのは、売主のデメリットと言えます。

 

もう一度売り出す場合は、再度オークションをスタートさせる必要があります。

 

ただ、買主が現れない場合は、売り出しを続けるのか、それともやめるのか判断するのは、従来の不動産売却である相対方式でも同じですね。

 

増えてきたとはいえ、まだ敷居が高いともいえる完全なオークション売買ではなく、一般媒介契約で複数の不動産会社に買主を集めてもらい、価格交渉をする「疑似オークション」をおこなう人もいます。

 

複数の担当者とやり取りして手間がかかるというデメリットはありますが、複数社に売却活動をおこなってもらうことで、購入希望者が増え、結果的に早く売ることもできるでしょう。

 

まとめ


不動産売却をオークション方式でおこなう場合、複数の買主による入札で高値での落札が期待できることや、値下げ交渉が基本的にないことがメリットです。

 

もし気になる場合は、不動産会社にオークション方式を扱っているか、相談してみましょう。


私たち株式会社大阪住宅では、不動産の売却についてのご相談も承っております。


不動産の売却をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください!

≪ 前へ|不動産売買の契約後に解除はできるの?リスクと違約金について紹介   記事一覧   不動産の共有持分だけでも買取なら手放すことができる|次へ ≫

トップへ戻る