尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 即時買取と買取保証の違いは?どちらを選ぶと良い?

即時買取と買取保証の違いは?どちらを選ぶと良い?

カテゴリ:お役立ちコラム

不動産買取には大きく分けて即時買取と買取保証の二種類の方法があります。


費用、期間、売却のやり方など様々な面で異なる二つの方法ですが、初めて不動産を売却されるのであれば、不動産会社に買い取ってもらった方が安心ですし、スムーズに事が進むと思います。


こちらでは、両者の特徴や違いについてお伝えしていきます。



お問い合わせ


即時買取の特徴とメリット


即時買取とは、買主は不動産会社で、その名の通り持っている不動産をすぐに買い取ってもらう方法です。


仲介のように持っている不動産が市場に出回ってから買主が決まるという方法ではないので、買取依頼から価格査定、審査、引き渡しまで非常に早く進みます。


最短で3日ほどで引き渡しまで進んでしまうことも多いですが、一般的には1週間ほどかかるケースが多いです。


また、不動産会社が仲介をするわけではなく、直接買い取るので当然仲介手数料は発生せず、買取時の諸費用だけで済むというのが魅力です。


このようにメリットを多く感じられる即時買取ですが、買取価格の交渉が不動産会社と上手く進まなかったり、相場よりも安い価格で買い取られてしまう可能性があります。


また、あなた自身が適正な不動産価値や価格を十分に調べておかないと、不動産会社のメリットばかりが大きくなってしまう可能性があります。


「高額買取」とうたっている業者も増えてきましたが、蓋を開けてみると相場よりも安い金額で買取をするケースも少なくないので、あなた自身がある程度その不動産の資産価値を調べておく必要がありますね。



買取保証の特徴とメリット


買取保証とは一見仲介と似ている性質を持った買取方法です。


仲介と同じようにWEBや紙媒体などで広告をし、一般のお客様を買主とするため販売活動を行うという点は仲介と同じです。


しかし、広告をしても買取希望者が現れない場合は、一定期間経った後に販売活動を停止します。


その後、双方があらかじめ合意した金額で不動産会社が買取を行うので、個人に買い取ってもらえなくても不動産会社が買い取ってくれるという保証付きの買取方法です。


一般のお客様が購入されるため、「すぐに買取をしてもらわなくても良い」といった場合や、「できるだけ高値で売りたい」といった方はこちらの方法の方が高額買取してもらえる可能性があります。


ただし、いつ物件が売れるのか不透明な点や、不動産会社に広告をしてもらうため、広告費や仲介手数料がかかる点に注意してください。


また、仲介での販売活動が長期化すれば、広告費や仲介手数料は上乗せされますし、物件の価格も下げる必要が出てきます。



まとめ


不動産買取の方法には大きく分けて二種類ありますが、即時買取、買取保証、ともにメリット、デメリットがあります。
なので、あなたがおかれている合わせて適正な方法を選び、後悔なく物件を売れるのが一番です。
もし「どの売り方が良いのかわからない」と迷ったら、信頼できる不動産会社に相談してみてくださいね。


私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



お問い合わせ
≪ 前へ|不動産相続の流れと税金の種類   記事一覧   契約不適合責任とは?瑕疵担保責任との違いを解説|次へ ≫

トップへ戻る