尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 空き家を売却する方法とは?そのままと解体どちらがいいの?

空き家を売却する方法とは?そのままと解体どちらがいいの?

カテゴリ:お役立ちコラム

空き家を売却する方法とは?そのままと解体どちらがいいの?

今回は空き家の売却をご検討中の方に向けて、空き家の売却方法についてご説明していきます。
空き家を解体せずにそのままの状態で売却した場合と、解体して売却した場合、それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家をそのままの状態で売却する方法について

まずそのままの状態で売却する方法について、ご説明していきます。

空き家をそのまま売却するメリットとデメリット

解体せずに売るメリットは、手間やお金がかからないことです。
リフォームなどをすると時間もお金も必要になりますが、そのような負担がありません。
デメリットは、精神的な負担です。
思い出が詰まった家を売るのには、罪悪感を抱く方もいるでしょう。
もし築20年以内の空き家であれば、中古住宅としてそのまま販売するのがおすすめです。
それ以上の築年数なら、「古家付き土地」として販売するのもよいでしょう。
ただし築20年以上であっても、リフォームなどがされている場合は、中古物件として販売できる可能性も高くなります。
また査定価格が高い場合や、解体費用が高くなるような場合も、そのまま売却するのがおすすめです。
まずは査定をしてみて、検討してみましょう。

空き家を解体して売却する方法について

次に解体して売却する方法について、ご説明していきます。

空き家を解体して売却するメリットとデメリット

メリットは「古家付土地」よりも高く、早く売れる可能性があります。
老朽化した家が建ったままの状態だと、購入者にとって建物の解体にかかる費用や時間が、負担になるためです。
そのため更地のほうが、売れやすい場合もあるでしょう。
デメリットは、手間や費用がかかる点です。
土地の状況など事前の確認をしっかりとおこなったうえで、解体を開始する必要があります。
また土地だけになると、高い固定資産税の支払いになるため、早急に売却する必要もでてくるでしょう。
もし家の劣化が激しく、倒壊の恐れがあったりリフォームに多額の費用が必要だったりする場合には、更地として販売するのがおすすめです。
また土地単体でみたほうが、日当たりや開放感などが伝わりやすいような場合にも、解体して売却するのがよいでしょう。
駐車場経営など、土地活用を想定できる場合も向いていますね。
空き家を所有していると、管理の手間や固定資産税の支払いなどがあり、負担も大きくなりがちです。
どのように対応すべきか悩む場合には、専門家にも相談して検討するのが大切です。

おすすめ|売却査定について

まとめ

空き家の売却方法についてご説明しました。
参考になれば幸いです。
私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続対策!生前の自筆証書遺言作成について   記事一覧   実家を売却したい!解体する必要性があるのはどんな場合なのか?|次へ ≫

トップへ戻る