尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 「売却(仲介)」と「買取」の特徴や違いを徹底解説!

「売却(仲介)」と「買取」の特徴や違いを徹底解説!

カテゴリ:お役立ちコラム

こんにちは。


今回は不動産売却の方法である、「売却(仲介)」と「買取」の特徴やあらゆる違いについて詳しく解説していきます。


これから不動産の売買をご検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。


不動産物件を売る際の「買取」と「売却」の違いとは何か?

 

「売却(仲介)」と「買取」の違い

 

実は、不動産売却といえども、二種類の方法があることをご存知でしょうか?


一つ目は、売却(仲介)という方法で、物件を買うのは「個人」です。


なので、以下のような方に向けて売却を検討される方が多いです。


・居住用物件を探している

・周辺に日常生活に便利な施設を求めている

・比較的人気のエリアにある物件を求めている

・築年数が比較的浅い物件を求めている

・土地の場合広すぎず、狭すぎないものを求めている


お客様が自分自身で物件を売却するのは大変ですよね。


なので、不動産業者が売主と買主の仲介をし、物件売却のお手伝いをするのが役割です。


こちらの方法の方が一般的な方法でよく用いられますし、知名度も高いので聞き覚えがある方もいらっしゃるかもしれませんね。


二つ目は、買取という方法で、物件を買うのは「専門業者」です。


これから価値が高くなりそうだったり、不要になった土地・建物を買い取り、転売する目的があります。


なので、以下のような方に向けて買取を検討される方が多いです。


・居住用・事業用問わずに探している

・土地の広さは問わない

・築年数は問わない

・現在人気がなくても今後発展する可能性を見極めている

・周辺の施設環境や立地は問わない


不動産業者などの専門業者は、常に買い取りたい土地や建物を探し求めているため、比較的短い期間で買い手が決まる可能性があります。



売却(仲介)・買取のそれぞれのメリットは何か?


売却(仲介)と買取の違いをご紹介したところで、それぞれのメリットについても見ていきましょう。


売却(仲介)は不動産物件の売却では一般的な方法で、大多数の方がこちらの方法を選ばれるかと思います。


その理由としては、やはり知名度や一般的な方法であること、そしてもう一つメリットがあります。


それが、一般的な売却の方が高額で売れる可能性が高いという点です。


買取の場合は、業者が買い取った後転売を考えているケースが多く、広告宣伝費用、改装費用、取得費用などがかかるので、差し引きすると総額が安くなってしまう事が多いからです。


一方、買取には仲介手数料がかからない事と、瑕疵担保責任がない事が一番のメリットと言えるでしょう。


売却ではこれらが付随してくるため、ある種のリスクと捉えられます。


また、常に土地、建物を探し求めている不動産会社が買い取りをするため、売却までの時間が短く、どのような形状、築年数のものであっても買い手がつく可能性があります。


住み替えなどですぐに手元に資金が欲しい場合には適している方法ですし、「売却(仲介)では売れなさそう」と思うような物件でも売れるのは助かりますね。


居住用、事業用問わないといった点から見ても、様々な使用用途が考えられるため、あらゆる状況の方のニーズが考えられます。

 

まとめ


「売却」と「買取」二種類の不動産売却の方法について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?


不動産を売りたいと思った際には、あなたが求める条件や土地・建物の状況を踏まえて、納得いく方法を選んでみてくださいね。





尼崎市エリア周辺の不動産のことなら、私たち株式会社大阪住宅にお任せください。

≪ 前へ|オプション特集   記事一覧   瑕疵担保責任とは?免責される場合とされない場合|次へ ≫

トップへ戻る