尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > 株式会社大阪住宅のブログ記事一覧 > 地元民に愛される全天候型「バッティングセンターシャローム」

地元民に愛される全天候型「バッティングセンターシャローム」

カテゴリ:お役立ちコラム

尼崎市久々知エリアには飲食店やショップがたくさん存在していますが、娯楽施設はJR尼崎駅付近に比べると少ないです。

そんな中、地元民に愛される娯楽施設の一つが「バッティングセンターシャローム」です。

バッティングセンターシャロームは天候に関係なくバッティングを楽しめる遊戯施設で、野球経験者の方はもちろんお子様や初心者でも十分に楽しむことができます。

尼崎市内には老若男女問わず遊べる施設がたくさん存在していますが、その中でもバッティングセンターシャロームは非常に評判が良く、連日多くのお客様がバッティングを楽しみに来ています。

今回はバッティングセンターシャロームの特徴やシステム・料金、アクセスについて詳しくご紹介していきます。


“お問い合わせ


バッティングセンターシャロームの特徴


バッティングセンターシャロームはその名の通り「バッティング」を楽しめる施設となっており、屋内でのプレイが可能なため、雨や風、暑さ、寒さを気にせずにバッティングを快適に楽しめます。

楽しめるゲームは「バッティング」と「ストラックアウト」の二種類で、技量や気分に合わせて好きなように楽しむことが可能です。

打席は軟式球でプレイが可能な「軟式球右打レーン」「軟式球左打レーン」「軟式両式レーン」と硬式球でプレイが可能な「硬式球右打レーン」「硬式球両打レーン」が存在し、全部で7打席あります。

打席によって体験できるスピードが異なり、低速は80km/h、中速は100km/h、110/h、高速は120km/hとなっていますので、お好みの速さの打席を選んでくださいね。

また、野球用品の各種メンテナンスを行えるショップも併設されていますので、グラブの修理・型付け、グラブの湯揉み加工など特殊な技術にも定評があります。

もちろん、修理だけではなく小物からウェア・バット・グラブ・シューズまでバッティングセンターとは思えないほどのバリエーション豊富な品揃えとなっていますので、練習のついでにアイテムの補充をするのも良いですね。

喫茶ルームも完備されており、コーヒー、紅茶、ジュースなど各種300円で販売されていますし、小中学生のジュニアから一般のアスリートまで安心して飲める 「ケンタイのプロテイン・ウェイトゲイン(ミルクチョコ・ストロベリー・バナナ)」も100円で販売されています。

バッティングを楽しむお子様の送迎、見守りの際や休憩時にぜひご利用くださいね。




システム・料金・アクセスは?


バッティングセンターの相場は20〜25球で300円ほどとなっていますが、シャロームの料金やシステムはどのようになっているのでしょうか。

こちらで詳しくご説明していきます。

1ゲーム硬式球、軟式球問わず300円となっており、硬式球は1ゲーム18球、軟式球は1ゲーム20球となっています。

また、その他の料金プランとしてはストラックアウトは1プレイ200円、プリペード11回券3300円、プリペード30回券7700円、会員バッティング11回券2200円、会員バッティング30回券5500円があります。

1球あたり15、16円ほどとなっていますので相場より少し高いですが、雨でも安心という点や打席数が多い、ショップが充実しているという点で満足度は高いと思いますよ♪

次にアクセスや定休日等各種案内は以下の通りです。
公式ホームページより抜粋)

住所〒661-0977 尼崎市久々知1丁目10-1
TEL・FAX06-6494-4665
最寄駅JR宝塚線・塚口駅徒歩10分
営業時間平日:10時~22時30分
営業時間土日祝:9時~22時30分
駐車場15台 料金無料
クレジットJCB, VISA
打席数7打席
硬球打席3打席


まとめ


バッティングセンターには様々なタイプが存在していますが、バッティングセンターシャロームは全天候型となっているため、天候を気にせずにいつでもバッティングを楽しむことができます。

特に平日夕方〜夜間、土日は多くの野球少年や親子連れで賑わっており、非常に活気づいていますよ。

無料駐車場も15台ありますので、少し遠くからでも安心して訪れることができます。

もし「尼崎でバッティングを楽しみたい!」となった際にはシャロームで楽しんでみてはいかがでしょうか。


私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



“お問い合わせ”
≪ 前へ|土地を放棄するなら?放棄する場合の注意点を知りたい!   記事一覧   おしゃれな注文住宅を建てるなら?押さえておきたいポイントや実例を紹介|次へ ≫

トップへ戻る