尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 不動産売却でかかる費用の目安

不動産売却でかかる費用の目安

カテゴリ:お役立ちコラム

もし不動産を売却したいとなった場合、「どのくらいの費用がかかるのだろう」と不安な気持ちを持っている方も多いと思います。


売るものが家や土地と高額であるため、売却するにしても高い費用がかかるのではないかと心配されている方も多いでしょう。


初めて不動産を売る方はぜひどのくらいの費用がかかるものなのかを理解してから、売却に踏み切るようにしてくださいね。


こちらでは不動産を売却する際にかかる費用の目安についてご紹介します。



弊社へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ




自分が所有している不動産が時代や環境に応じて必要なくなったり、収益化したいといった方も多く、売却したいと考えている方は多くいらっしゃいます。

しかし、いざ売却しようと思ってもどのように進めれば良いのか、具体的な手続きについて不安を感じている方も多いでしょう。

不動産を売却すると決めたら、まずは相場を調べるところから始めましょう。


自分の持っている不動産が大体どのくらいで売れるのかを知っておけば、極端に安い費用で買い取られるといったトラブルを未然に防ぐ事ができます。


調べ方として挙げられるのは、国土交通省が運営する土地総合情報システムや指定流通機構が運営する不動産情取引報提供サイト、周辺売り出し事例などを参考にするというやり方です。


周りでどのくらいの金額で取引をされているかを見る事で、ある程度の相場を掴む事ができるのです。


相場がわかったら、次は買取を依頼する不動産会社を決める必要があるのですが、買取の方法には「不動産買取」と「仲介」の2種類がありますので、どちらの方法で売却するか選びましょう。




不動産を売却するとなれば「高そうな費用がかかるのではないか」と心配されている方も多いでしょう。


実は不動産を売却する際にはどんな物件であってもかかる費用は売却価格の4~6%程度と言われていますが、もちろんそれ以上の場合もそれ以下の場合もあります。


どの不動産会社に依頼するかや、どんな物件であるかによってかかる費用は異なりますので、あくまでも参考程度に覚えておきましょう。


不動産を売却すると決まったら、不動産会社に依頼するのが一般的です。


その方法が、不動産会社そのものが買取をするやり方であれ、不動産会社が販売活動をして個人が買主になるやり方であれ、ある程度の費用がかかることになります。


もし不動産会社が買取をするのであれば仲介手数料は必要ありませんが、個人が買主になる場合は仲介手数料が必要です。


もし物件が400万円以上の場合は売却額×3%+6万円+消費税がかかりますが、基本的に400万円以下の物件は少ないので、この数字を覚えておくと便利です。


また、契約書面を交わす際に必要となる印紙税や移転登記をする際に必要となる抵当権抹消費用、ローン返済時に必要となる住宅ローン返済手数料などがかかります。


他にも、譲渡所得税、住民税、ハウスクリーニング費用、測量費用、解体費用、契約書類発行費用などが必要となり、一つ一つは細々とした金額ですが、合計すると結構大きな額になるでしょう。


例えば3000万円の物件を売却した場合は150万円ほどの金額がかかると想定しておくと良いですね。



まとめ


これから不動産を売却しようと考えている方も多いと思いますが、なかなか不動産を売却するには勇気がいると思います。


安い価格で買い取られてしまったら損をする可能性がありますので、不動産の価格は慎重に決める必要があります。



私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



お問い合わせ
≪ 前へ|不動産売却で失敗しないコツは?   記事一覧   不動産相続の流れと税金の種類|次へ ≫

トップへ戻る