尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > 株式会社大阪住宅のブログ記事一覧 > 売却するなら大手不動産会社と地元の不動産会社どちらを選ぶべき?

売却するなら大手不動産会社と地元の不動産会社どちらを選ぶべき?

カテゴリ:お役立ちコラム

不動産を売却するとなると、どこの不動産会社と契約すべきか迷いますよね。


全国には多くの不動産会社が存在していますが、中には「悪質」と呼ばれる不動産や、自社の利益だけを考えて営業を行う不動産会社も存在します。


そういった不動産会社と契約してしまったら、思うような金額で買取をしてもらえなかったり、後からトラブルになることも想定されます。


売却を成功させるコツは、どの不動産会社と契約するかという点が全てといっても過言ではありませんので、不動産会社選びは慎重に行わなければなりません。


不動産会社と言っても、大手や地域密着型など様々な種類がありますので、売却する際にはどちらを選ぶべきか、見ていきましょう。



お問い合わせ


大手不動産会社の特徴を紹介


買取を依頼しようと思ったら、大手不動産会社に依頼しようと思う方も多いと思います。


確かに名が通っている大手不動産と契約をすると何かと安心できると思いますし、取引件数が多いのが特徴です。


特に買取に特化した大手不動産であれば、適切な価格での買取を行ってもらえる事や、不安に思った際に、プロ目線での意見を言ってもらえるため、安心感はあります。


また、大手不動産の多くは顧客の幅が広いため、いわゆる顧客のリストが充実している傾向にあります。


会社の規模が大きければ大きいほど、契約実績が多いため、自然と多くのお客様の情報を管理しています。


よって、売却を行う際には買主が見つかりやすかったり、お客様から紹介をもらう率も高くなりますので、買取が成立しやすいでしょう。


また、大手不動産会社は資金力があるため、広告費や宣伝費に多くの費用をかけることが可能です。


特に立地や物件の条件が悪い場合は、広告の良し悪しによって契約が決まるか否かが大きく左右されるでしょう。


よって、適切な広告を適切な方法やタイミングで打ち出せるというのは、大手不動産会社の強みと言えます。


ホームページなども充実していたり、ホームページ専門会社に依頼して見栄えの良いものや、お客様が見やすいものになっているため、物件を探し出してもらえる確率もがあがります。


単純に働いている人間も多いので、何かトラブルがあった時にすぐにサポートやフォローをしてもらえるのも安心ですね。


しかし、メリットがあれば当然デメリットも存在します。


特に多い問題としては「囲い込み」が挙げられます。


不動産会社に仲介を依頼すると当然仲介手数料が発生しますが、実は売主が仲介を依頼した不動産会社と買主が仲介を依頼した不動産会社が違うと、手数料は一方からしかもらえず、これを片手仲介と言います。


売主と買主、両方の仲介を請負った方が両手仲介となり、不動産会社からすれば利益が大きくなります。


よって、他社から買主の情報を提供されても勝手に断ってしまい、物件が売れる時期が遅くなる可能性があります。


また、大手だからこそ対応が親身ではなかったり、条件が悪い物件には力を入れてくれないなどが挙げられます。



地域密着型不動産会社の特徴を紹介


大手不動産会社の特徴を見てきましたが、地域密着型の不動産にはどのような特徴があるのでしょうか。


地域密着型というだけあって地元の情報に強いとか、地主さんと知り合いが多いなどといったイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。


まさに、「町の不動産屋さん」のような気軽に相談しやすそうな雰囲気があるのが、地域密着型の不動産です。


地域密着型の不動産会社はとにかく、その不動産会社がある地域にとても強いです。


大手不動産会社の場合だと、広く浅く情報を持っているというケースが多いですが、こちらは深く狭い情報を持っているので、地元で売却をしたいと考えている方にはおすすめです。


また、周辺の物件情報に詳しかったり、取引件数が多い場合もあり、初めて売却を考えている方でも安心できます。


売却に関しては様々な要望があると思いますが、価格や広告方法、タイミングなど柔軟性が高く、要望を聞いてもらいやすいのも一つの魅力です。


ただし、大手不動産に比べると資金力が少ないので、満足いく広告を出すことができなかったり、ホームページを整備する費用や時間がないと言った事も考えられます。


ネット社会である現代では、ネット上にどれだけ情報を載せられるかが勝負とも言えますので、この点はデメリットだと言えるでしょう。


また、顧客数も少ないので、買主がすぐには見つからない可能性もあります。


すぐに売却したい場合は、情報量や顧客量が多い大手不動産会社に依頼した方が良いかもしれません。



まとめ


大手不動産会社と地域密着型の不動産では、どちらも良いところ悪いところがあります。


もし早く確実に売却したいのであれば大手不動産へ、地元で売却したいのであれば地域密着型の不動産に依頼すると良いでしょう。



私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



“お問い合わせ
≪ 前へ|戸建を売りに出したい!土地に借地権が付いている場合売却は可能?   記事一覧   光触媒コーティング「ルネ365」を施工しました!|次へ ≫

最新記事



トップへ戻る