尼崎市の買取・売却・不動産情報は大阪住宅 > (株)大阪住宅のブログ記事一覧 > 不動産売却する時に知っておきたい「買取」のメリットやデメリットとは?

不動産売却する時に知っておきたい「買取」のメリットやデメリットとは?

カテゴリ:お役立ちコラム

なんらかの事情で住宅などの不動産を手放す際、方法として挙げられるのは「仲介」と「買取」です。

 

仲介とは、売却に際して不動産会社が仲介に入って広告や手続きなどを行ってもらう方法です。

 

一方で買取とは、不動産会社が直接不動産を買い取る方法です。

 

買取のメリット・デメリットについて、仲介と比較しながらまとめています。

 

ポイントを整理して、どちらの方法で売却するのが良いかよく検討してみてください。


不動産売却


不動産売却における「買取」にした場合のメリット4つを紹介


買取のメリットは、以下の4つが挙げられます。

 

・仲介手数料が不要

・短時間で手放せて現金化しやすい

・近隣の人に知られることなく売却できる

・瑕疵担保責任を追うリスクがなくなる

 

仲介の場合は、仲介する不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。

 

買取の場合は、不動産会社が物件を仕入れて商品化し販売するため、販売報酬としての仲介手数料は不要です。

 

不動産との売却価格に合意さえできれば、すぐに売却・現金化できるため、資金計画が立てやすいこともメリットです。

 

また、不動産を仲介して売りに出すと、不動産会社の広告やWEBページなどに物件情報が記載されます。

 

買取検討者向けの見学会や内覧をする機会もありますので、不動産を販売しようとしていることが周囲に知られる可能性があります。

 

仲介に入っている不動産会社に相談すれば、チラシを入れる地域などを限定したり、内覧を行わないことも可能ですが、買い手もつきにくくなります。

 

買取の場合は、不動産会社とのやり取りだけで売却を進められますので、周囲に知られる可能性は低く、プライバシー面でも安心できる方法といえます。

 

また、売却後にシロアリや雨漏りなどの欠陥が発覚した場合、瑕疵物件となります。

 

仲介の場合は、売主の責任で補修しなければならず、最悪の場合は売買契約解除もありえます。

 

買取の場合は、売買契約解除の心配がないため、売却後の負担が軽減されます。

 

不動産売却における「買取」のたった1つのデメリット


メリットの多い買取ですが、1つだけ大きなデメリットがあります。

 

それは、市場価格よりも13割ほど買取価格が安くなることです。

 

不動産会社は、購入した不動産をリフォームやリノベーションをし、販売して利益を得ます。

 

リフォームなどの費用や販売経費を踏まえると、商品となる不動産はできるだけ安く買い取る必要があります。

 

よって、確実に売却できるかわりに、買取価格は相場よりも安くなるのです。

 

これを踏まえると、リフォーム不要でも売れやすい好条件(築浅や好立地など)の物件は、買取よりも仲介のほうが高く売れる可能性もあります。

 

まとめ


不動産売却における、買取のメリット・デメリットについてご紹介しました。

 

多少買取価格が下がってもすぐに現金化したいかたや、古家等の場合解体費用又は修繕費用を支払う余裕がない方、周囲に知られず売却したい方には買取がおすすめです。

 

ご自身の条件や物件の内容に合わせて検討しましょう。


崎市エリア周辺の不動産のことなら、私たち株式会社大阪住宅にお任せください。

 

不動産物件買取に関する疑問などございましたら、お気軽にお問合せください


≪ 前へ|不動産所有者が知っておきたい!瑕疵と土地工作物責任とは?   記事一覧   買取時に役立つ不動産買取保証制度とは!?メリット・デメリットを解説!|次へ ≫

トップへ戻る